おさえておきたい「Windows 10」のポイント

1.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

スタートメニューとタイルが融合、カスタマイズもできる新
「スタートメニュー」。

Windows 7とWindows 8.1の使いやすい機能が融合して、大きくて見やすくリニューアルされた「スタートメニュー」。アプリの起動やシャットダウン、再起動もスタートメニューから可能になり、使い慣れた操作感でスムーズに使えます。

よく使うアプリ、お気に入りの動画や音楽などタイルに登録すれば、スタートメニューから直接アクセスして利用できます。メールやニュース、気象情報などの新着情報は「ライブタイル」にリアルタイムで表示。気になる情報へもすばやくアクセスできます。

dynabookなら

タッチ操作でより
直感的にスタートできる

タッチ操作に対応したdynabook NZ40なら、スタートメニューをはじめ、使いたい機能をタッチ操作で選んで、直感的に使えます。

2.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

使い方に合わせた表示・操作方法が選べる「Continuumコンティニュアム」。

Windows 10から新しく加わった「Continuum」機能。ノートPCやタブレットなどの使い方に合わせて、キーボードやマウスでの操作に合った画面と、タッチ操作に合った画面を切り替えられます。

マルチデバイス対応が強化されたWindows 10は、PCとタブレットで共通の機能やアプリを、使い方に合わせたレイアウトで使用できます。

dynabookなら

シーンに応じた
使い分けが一層快適に

ノートPCにも、タブレットにもなるdynabook NZ40。キーボードドックから取りはずすとタブレット用に最適化されたユーザーインターフェースへ、キーボードドックに接続するとノートPC用のユーザーインターフェースへ、利用スタイルを自動で判別して画面や設定が切り替わります。

※初期設定が必要となります。
3.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

Webページに書き込んでシェアできる、
新ブラウザ「Microsoft Edgeマイクロソフト エッジ」。

シンプルに整えられたレイアウトと機能で、すばやく、効率的なブラウジングを提供してくれる新ブラウザ「Microsoft Edge」。Webページの閲覧からシェアまでスムーズに行えます。

とくに特徴的なのがWebページへの書き込み機能。Webページ上に手書きでコメントを入れたり、蛍光ペンのようにマーキングして、FacebookやTwitterなどへ書き込んだ画像をそのままシェアできます。ペンタブレットで使えば、ノートに書き込むような感覚でより細かい書込みができます。

dynabookなら

高解像度の
ディスプレイで
より快適に

WUXGA(1,920 × 1,200)の高解像度液晶を搭載したdynabook NZ40は表示領域が広いので、Webページの詳細な地図情報もスクロールせずに広範囲が見渡せます。

©Hokkaido-Chizu Co.,Ltd. /イメージナビ
4.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

複数の画面を切り替えて、広い領域で作業効率アップ

Windows 10は作業領域の使いやすさもポイント。
1つの画面を最大4分割してウィンドウを並べられる「スナップ」機能。さらに、1つのデスクトップ画面に縛られずに、複数のデスクトップ画面を切り替えられる「仮想デスクトップ」機能も搭載。
複数のウィンドウを使った作業も、スッキリとしたデスクトップ画面で効率的に行えます。

起動中のアプリや仮想デスクトップは、タスクバーの「タスクビュー」ボタンからまとめて表示して選べます。

dynabookなら

コンパクトボディでも
充分な作業領域を確保

dynabook NZ40は10.1型ワイドとコンパクトなボディが魅力の新モデル。だからこそ、使い方に合わせて仮想デスクトップを使えば、広い領域で作業が行えます。

5.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

ドラッグ&ドロップで手軽に使える、無料クラウドストレージ「OneDrive」。

15GBのクラウドストレージが無料で使える「OneDrive」サービスが、Windows 10からは標準搭載されました。写真や動画などのファイルをドラッグ&ドロップで、ドライブ間を移動させるようにスムーズにアップロードできます。

クラウドストレージへアップロードしておけば、複数のデバイス環境から同じファイルへアクセスすることができます。さらに、共有機能を使えば、他のユーザーのデバイス環境からも閲覧・編集が行えます。

万が一のデータのバックアップ先としても便利に使えます。

※OneDrive の利用には、Microsoft アカウントが必要です。
※ネットワークを利用したサービスは、運営会社の都合などにより予告なく中止されることがあります
6.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

20万を超える豊富なストアアプリが、使いやすさを向上させる。

Windows ストアの取り扱いアプリが20万を超え、多彩なアプリの中から目的に合ったアプリをダウンロードして、すぐに使いはじめられます。

Windows 8ではフル画面表示でしか利用できなかったストアアプリも、Windows 10 Homeであれば、通常のデスクトップアプリ同様に、ウィンドウ表示が可能です。

7.

おさえておきたい「Windows 10」のポイント

いつでも最新のセキュリティ環境で、ウイルス対策も万全。

定期的なセキュリティアップデートにより、ウイルス、マルウェア、スパイウェアなどの最新の脅威からPCを守ってくれます。アップデートは自動で行われるので、いちいち設定を変更するなどの手間も必要ありません。

Windows 10について、詳しくはこちら

Windows 10をサポートする、
dynabookならではのアプリとサービス

dynabookには、サポートアプリやサービスが豊富に用意されています。
Windows 10 を使ったdynabookライフをいつでも快適にサポートします。

dynabookならではのサポートアプリ

動画で学ぶWindows 10

Windows 10の基本操作やMicrosoftアカウントの取得方法を、やさしく解説。「ぱらちゃん」と一緒に動画で楽しく学べます。

dynabook.comサポートページからのダウンロード/インストールが必要です。
動画で学ぶシリーズについて、詳しくはこちら
  • あんしんWeb by Internet SagiWall for Toshiba 30日体験版

    フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺、不正改ざんサイトなど、一般的なセキュリティ対策ソフトでは検知が困難なインターネット詐欺の疑いのある危険なサイトを自動判定。アクセスする前に、警告・ブロックしてくれます。

    ※体験版/試用版のソフトウェアは、一部製品と仕様が異なることや、機能に制限がある場合があります。
    Internet SagiWall for Toshibaについて、詳しくはこちら
  • バックアップナビ クラウド

    Windows 10にも対応した東芝オリジナルの「バックアップナビ クラウド」は、バックアップしたいファイルの種類やファイルのフォルダを指定しておけば、無料で使える15GBのクラウドストレージ(OneDrive*2)へ自動でバックアップしてくれます。

    *2 Microsoftアカウントが必要です。
    ※ネットワークを利用したサービスは、運営会社の都合などにより予告なく中止されることがあります。
    dynabook.comサポートページからのダウンロード/インストールが必要です。

    バックアップナビ クラウドについて、詳しくはこちら

専門のスタッフが丁寧にサポート

  • 電話サポート

    新製品の情報から操作方法やトラブル対策まで、お客様のさまざまな疑問にプロのスタッフが電話でていねいにお答えします。何度でも相談無料です。


    電話サポートについて、詳しくはこちら
  • 遠隔支援サービス*3

    あなたのPC画面をサポートスタッフのPC画面にそのまま表示。電話による説明に加え、パソコン画面に操作の指示がマーカーで表示させてサポートします。

    *3 インターネットに接続するための費用などは、お客様の負担となります。
    遠隔支援サービスについて、詳しくはこちら
プリインストールアプリの詳しい情報はこちら あなたにぴったりの安心を、いつまでも。dynabook サポート情報はこちら

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

閉じる