東芝 がお勧めする Windows 8.

ハイスタンダードノートPC dynabook Satellite T572(Core i5、i7) 2012秋冬モデル Webオリジナルモデル ハードウェア仕様

dynabook Satellite T572ハードウェア仕様表
モデル名 dynabook Satellite T572/W4TG
(ダークシルバー)
dynabook Satellite T572/W3MG
(ダークシルバー)
型番 Microsoft® Office
なしモデル

PT5724TGBNBW PT5723MGSNBW
Microsoft® Office
Home and Business 2010 SP1
プレインストールモデル
PT5724TGBHBW PT5723MGSHBW
プレインストールOS Windows 8 64 ビット(※1)(※2)
Windows 8 64ビット
CPU   インテル® Core™ i7-3630QM プロセッサー インテル® Core™ i5-3210M プロセッサー
動作周波数 2.40GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.40GHz) 2.50GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.10GHz)
コア数/スレッド数 4コア/8スレッド (インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー対応) 2コア/4スレッド (インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
キャッシュメモリ インテル® スマート・キャッシュ 6MB インテル® スマート・キャッシュ 3MB
チップセット モバイル インテル® HM76 Expressチップセット
メモリ 標準/最大 8GB(4GB×2)/16GB(※3)(※4)
仕様 PC3-12800(DDR3-1600)対応 SDRAM、デュアルチャネル対応(※5)
メモリ専用スロット 2スロット(空きスロット×0)(※3)(※5)
(メモリを増設する場合はあらかじめ装着されている4GBのメモリを
取りはずす必要があります。)
表示機能 ディスプレイ 17.3型ワイド(16:9) HD+ TFTカラー Clear SuperView LED液晶(省電力LEDバックライト)
1,600×900ドット (※6)(※7)



/


外部ディスプレイ
(RGB接続)
(オプション)
最大2,048×1,536ドット(※8)/1,677万色
外部ディスプレイ
(HDMI™接続)
(オプション)
最大1,920×1,080ドット(1080P)/1,677万色、HDCP対応(※9)
本体のディスプレイと同時表示 最大1,600×900ドット(※10)
/1,677万色(※12)
最大1,600×900ドット(※11)
/1,677万色(※12)
ビデオRAM 最大1,664MB(メインメモリと共用)(※4)
グラフィック
アクセラレーター(※13)(※14)
インテル® HD グラフィックス4000 (CPUに内蔵)
入力装置 本体キーボード 106キー(JIS配列準拠)(テンキー付き)、キーピッチ:19mm、キーストローク:1.5mm、
抗菌対応[(試験方法)JIS Z 2801またはJIS Z 2801:2010に基づく](※15)
ポインティングデバイス ジェスチャーコントロール付きクリックパッド(タッチパット)
ワンタッチ操作ボタン -
マウス -
補助記憶装置 ハードディスク 750GB(5,400rpm、Serial ATA 対応)(※16)
 







Microsoft® Office
なしモデル
約35GB
Microsoft® Office
プレインストールモデル
約40GB
光学ドライブ(※17)
(詳細はこちら)
ブルーレイディスクドライブ
(BDXL™対応、DVDスーパーマルチドライブ
機能対応)
DVDスーパー マルチドライブ
(DVD±R 2層書き込み対応)
通信機能 LAN 100Base-TX/10Base-T(自動認識)
無線LAN(※18) IEEE802.11b/g/n準拠 (Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)
(※19)
サウンド機能(※14)(※20) インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
harman/kardon® ステレオスピーカー、モノラルマイク
ブリッジメディアスロット(※21)
(詳細はこちら)
1スロット
インターフェース ●ヘッドホン出力(3.5mmステレオミニジャック)×1
●RGB(15ピン ミニD-sub 3段)×1 ●USB3.0×4(※22)
●マイク入力/オーディオ入力(3.5mmステレオミニジャック)共用×1
●LAN(RJ45)×1 ●HDMI出力端子×1(※9)
Webカメラ 有効画素数 約100万画素
セキュリティ機能 BIOSパスワード、HDDパスワード、インスタントセキュリティ、セキュリティロック・スロット
電源 バッテリー リチウムイオン(バッテリーパック)(※14)(※23)
  駆動時間 約4.1時間(※24)(※25) 約4.4時間(※24)(※25)
  充電時間 約4.0時間(電源OFF時)/約12時間(電源ON時)(※25)
ACアダプター AC100V〜240V、50/60Hz(※26)
標準消費電力(※27)(最大) 約15W (75W) 約15W (65W)
省エネ法に基づく
エネルギー消費効率(※28)
M区分0.044(AAA) M区分0.093(AAA)
環境条件 温度5〜35℃、湿度20〜80%(ただし、結露しないこと)(※29)
環境性能レーティング(※30) ★★☆V12
外形寸法(突起部含まず) 約418.2(幅)×272.2(奥行)×28.0〜33.7(高さ)mm
質量(標準バッテリーパック装着時)(※31) 約3.0kg
主な付属品 ●ACアダプター ●電源コード ●取扱説明書 ●保証書
●バッテリーパック(本体装着済み)
保証(海外保証〈制限付〉を含む) あり(1年)
※1.
Windows 8 では、ネットワークのドメイン参加をすることはできません。
※2.
プレインストールされているOSのみサポートいたします。
※3.
あらかじめ2スロットにそれぞれ4GBのメモリが装着されています。16GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている4GBのメモリを取りはずし、8GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大16GBまでです。
※4.
ビデオRAM容量はコンピューターのメインメモリ容量に依存します。出荷時(メインメモリ8GB)では、Windows 8 64ビット版使用時最大1,664MBまでビデオRAMとして使用されます。
※5.
メモリを2枚装着した場合、デュアルチャネルに対応します。容量が異なるメモリを装着した場合は、少ないメモリに合わせた容量までデュアルチャネル動作となり、容量差分がシングルチャネル動作となります。
※6.
TFTカラー液晶ディスプレイは、非常に高度な技術を駆使して作られております。非点灯、常時点灯などの表示(画素)が存在することがあります(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です)。また、見る角度や温度変化によって色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※7.
Clear SuperView LED液晶は特性上、外光が映りこむ場合があります。置き場所や角度を調整してご使用ください。輝度はお好みによって調整してご使用ください。
※8.
使用可能なディスプレイは解像度により異なります。解像度にあったディスプレイを接続してください。
※9.
映像機器との接続には、市販のHDMIの表示があるHDMIケーブルをご使用ください。対応機器すべての動作を保証するものではありません。
※10.
外部ディスプレイと本体のディスプレイを同時表示させる場合は、同時表示の種類や設定にあった色数/解像度で表示されます。BD-Videoなどのコンテンツ保護処理された映像や音声をHDMIケーブルを使用して外部ディスプレイでご覧になる場合は、外部ディスプレイ(HDCP対応のHDMI入力端子またはHDCP対応のDVI入力端子のあるディスプレイ)のみ表示するように設定してご利用ください。BD-Videoの映像は同時表示することはできません。
※11.
外部ディスプレイと本体のディスプレイを同時表示させる場合は、同時表示の種類や設定にあった色数/解像度で表示されます。
※12.
本体のディスプレイへの表示の場合、1,677万色はディザリング表示です。
※13.
グラフィックアクセラレーターの性能やサポートされる機能は、 PCのモデルごとに異なります。また、グラフィックアクセラレーターの性能はバッテリー駆動時より、ACアダプター接続時に、より高い性能が発揮されます。
※14.
ピークシフトをご利用の場合、自動的にバッテリー駆動に切り替わり、CPUやグラフィックアクセラレーターの性能が十分に発揮されない場合があります。映像や音楽を視聴する場合やTV番組の録画を行う場合、ピークシフトを一時的に無効にすることをおすすめします。
※15.
本製品のキーボードは、抗菌機能を有するために抗菌塗料を塗布しております。抗菌塗料は、紫外線(直射日光など)などの影響や長期間の使用に伴い変色する恐れがありますが、キーボードの機能としては問題ありません。抗菌効果は、抗菌塗膜の摩耗により低下致します。万が一キーボードの使用により、赤み、はれ、かゆみなどの症状がみられる場合は、ただちに使用をお控えいただき、皮膚専門医にご相談ください。【試験機関】SGS-CSTC技能試験センター 【試験方法】JIS Z 2801:2010に基づく 【抗菌方法と場所】無機抗菌成分(亜鉛系)をキーボードのキートップに塗料 【試験結果】抗菌活性値2.0以上
※16.
ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。リカバリー領域として約18GB(Office Home&Businessあり)、約15GB(Officeなし)使用しています。Dドライブとして約53GB設定しています(NTFSフォーマットで設定)。ソフトウェア占有量にはシステム回復オプション領域、リカバリー領域の容量は含まれません。すべての領域はNTFSで設定されています。
※17.
詳細は下記光学ドライブ仕様をご覧ください。
※18.
無線通信距離は、周辺の電波環境、障害物、設置環境、ソフトウェアなどにより影響を受ける場合があります。
※19.
2.4GHz帯無線LANで使用できるチャネルは1〜13chです。IEEE802.11n準拠のモードで通信を行うためには、セキュリティをWPA(AES)/WPA2(AES)に設定する必要があります。
※20.
キャプチャソフトなどを使用して、PCで再生中の音声を録音することはできません。
※21.
詳細は下記ブリッジメディアスロット仕様をご覧ください。
※22.
USB1.1/2.0/3.0対応。USB周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
※23.
バッテリーパックは消耗品です。
※24.
社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」(http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=84&ca=14別窓で開きます)。本体のみ(周辺機器の接続なし、出荷時構成)、省電力制御あり、満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境および設定等により異なります。
※25.
バッテリー駆動時間および充電時間は、使用環境により異なります。
※26.
付属の電源コードは、日本(100V)の法令・安全規格に適合しております。その他の国・地域でご使用される場合には、当該国・地域の法令・安全規格に適合した電源コードをお買い求めのうえ、ご使用ください。
※27.
OS起動後、アイドル状態、ディスプレイ輝度最大、バッテリー充電なし、周辺機器接続なしでの消費電力です。
※28.
エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により、測定された消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。2011年度基準で表示しております。省エネ基準達成率の表示語Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、AAAは達成率500%以上を示します。
※29.
環境条件に示している温度範囲は、性能を保証するものではありません。
※30.
環境性能レーティング(星マーク)とは、加点項目の達成状況に応じて格付けしたものです。★☆☆は達成率35%未満、★★☆は35%以上70%未満、★★★は70%以上を示します。
※31.
バッテリーパック以外の主な付属品は含みません。

このページのトップへ

光学ドライブ仕様

dynabook Satellite T572光学ドライブ仕様表
ドライブ ブルーレイディスクドライブ
(DVDスーパーマルチドライブ
機能搭載)(※2)
DVDスーパーマルチドライブ
(DVD±R 2層書き込み対応)
(※2)
読み出し(※1) CD-ROM 最大24倍速 最大24倍速
DVD-ROM 最大8倍速 最大8倍速
BD-ROM 最大6倍速 -
書き込み/書き換え CD-R 最大24倍速 最大24倍速
CD-RW(マルチスピード) 最大4倍速 最大4倍速
High Speed対応CD-RW 最大10倍速 最大10倍速
Ultra Speed対応CD-RW 最大16倍速 最大24倍速
DVD-R 最大8倍速 最大8倍速
DVD-R DL(※3) 最大4倍速 最大6倍速
DVD-RW 最大6倍速 最大6倍速
DVD+R 最大8倍速 最大8倍速
DVD+R DL 最大4倍速 最大6倍速
DVD+RW 最大8倍速 最大8倍速
DVD-RAM (※4) 最大5倍速 最大5倍速
BD-R 最大6倍速 -
BD-R DL 最大4倍速 -
BD-R TL (※6) 最大4倍速 -
BD-R QL (※6)(※7) 最大4倍速 -
BD-RE 最大2倍速 -
BD-RE DL 最大2倍速 -
BD-RE TL (※6)(※7) 最大2倍速 -
読み出し対応フォーマット(※1) BD-ROM、BD-Video (※5)
BD-R、BD-RE、BD-R DL、
BD-RE DL、BD-R TL、BD-R QL、
BD-RE RL、DVD-ROM、
DVD-Video (※5)、DVD-R、DVD-RW、
DVD-RAM (※4)、DVD-R DL、
DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL、
音楽CD、CD-ROM、CD-R、
CD-RW、マルチセッション
(PhotoCD、CDエクストラ)
DVD-ROM、DVD-Video (※5)
DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM (※4)
DVD-R DL、DVD+R、DVD+RW、
DVD+R DL、音楽CD、CD-ROM、
CD-R、CD-RW、マルチセッション
(PhotoCD、CDエクストラ)
※1.
対応フォーマットによっては再生ソフトが必要な場合があります。
※2.
12cm/8cmディスク対応、Serial ATA接続、バッファアンダーランエラー防止機能付き
※3.
DVD-R DL(DVD-R Dual Layer)は、Format4での書き込み/読み出しをサポートしておりません。
※4.
2.6GB、5.2GBのDVD-RAMメディアは使用できません。また、カートリッジの取りはずしができないディスクは使用できません。
※5.
DVD-Videoの再生はRegionコード「2」、「ALL」のソフトを、BD-Videoの再生は(ブルーレイディスクドライブ搭載モデルのみ)Regionコード「A」のソフトをご使用ください。
※6.
本製品で作成したBD-R TLメディア、BD-R QLメディア、BD-RE TLメディアを再生する場合は、それぞれの記録メディアの読み取りに対応している機器を使用してください。
※7.
BD-R QLやBD-RE TLに書き込みを行うためには、ソフトウェアのアップデートが必要な場合があります。
バッテリー駆動中に書き込みを行うと、バッテリーの消耗などによっては、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプターを接続してください。本ドライブは、各種ディスクの種類や特性にあった速度を選択して読み出し/書き込みを行います。ディスクによっては最大速度での読み出し/書き込みができない場合もあります。
使用するDVD/ブルーレイディスクのタイトルによっては、コマ落ちするケースがあります。 なお、DVD-Video/BD-Video再生時は、ACアダプターを接続した状態でご使用になることをおすすめします。

このページのトップへ

ブリッジメディアスロット仕様

dynabook Satellite T572ブリッジメディアスロット仕様表
メモリカード(※1) 最大容量
SDメモリカード(※2)(※3) 2GB
  miniSD/microSDメモリカード(※4)
SDHCメモリカード(※2)(※3) 32GB
  miniSDHC/microSDHCメモリカード(※5)
SDXCメモリーカード(※2)(※3) 64GB
マルチメディアカード(※6) 2GB
※1.
すべてのメディアの動作を保証するものではありません。高速データ転送には対応しておりません。
※2.
著作権保護技術CPRMを使用するには、著作権保護技術CPRMに対応しているアプリケーションが必要です。
※3.
SDIOカードには対応しておりません。
※4.
miniSDメモリカード、microSDメモリカードを使用するには、市販のアダプターが必要です。
※5.
miniSDHCメモリカード、microSDHCメモリカードを使用するには、市販のアダプターが必要です。
※6.
SecureMMCには対応していません。

このページのトップへ

バッファーアンダーランエラー防止機能とは

CD-Rメディアなどにデータを書き込む際、ドライブへのデータ転送速度が書き込み速度に追いつかず書き込みに失敗してしまう「バッファーアンダーランエラー」を回避して、安定した書き込みを実現する機能。

  • *電源切断、ドライブへのショック、記憶メディアの状態などによっては処理が正常におこなえずエラーとなる場合がございます。
機能的にレイアウトされた多彩なインターフェース
dynabook Satellite T572 のインターフェース
dynabook Satellite T572 のインターフェース

このページのトップへ

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

閉じる