Room1048 会員登録

ご注意事項

1.16歳未満のお客様は、「保護者」の方の同意を得たうえで登録してください。

2.東芝クライアントソリューション株式会社が提供するサービスをご利用いただくために、お客様の個人情報として「ご氏名・ご住所・電話番号・電子メールアドレス」等を東芝クライアントソリューション株式会社へお知らせいただきます。これらの情報は、メールアドレスによるご本人様の認証サービス及びお客様のご希望に基づいて提供される各種サービスをご利用いただくために必要となりますので、正確にご記入をお願いいたします。​

3.万一登録メールアドレスとパスワードの組み合わせを他の方に知られてしまうと、他の方がお客様ご本人に代わって認証やサービスを利用してしまう可能性が生じます。登録メールアドレスとパスワードの組み合わせは他の方に知られることがないよう、またお客様ご本人のみが使用・管理されますよう、十分にご留意ください。​

4.登録メールアドレスまたはパスワードをお客様がお忘れになった場合、ご本人様であることの確証がないと東芝クライアントソリューション株式会社はそれらの再発行及びお客様へのご連絡を行えない場合があります。その場合は、東芝クライアントソリューション株式会社が定める手続きに従って再登録が必要となります。​

Room1048 ご利用規約

第1条(適用範囲)

1.本規約は、東芝クライアントソリューション株式会社(以下『当社』という)が定める手続きに従って会員登録をお申し込みいただき、この申し込みを当社が承諾した方に対し、当社が提供する対象サービス(第2条7項に定める)に関する利用条件を規定したものです。お客様が、ご自身の持つ任意のメールアドレスのご登録をされた場合、お客様は本規約に同意した上で、当社へ申し込みされたものとみなされます。​

2.本規約及び当社が提供する対象サービスに関して当社ホームページ上に提示し、または直接お客様に連絡して行う告知等は、全てを本規約と一体のものとして、お客様はこれら全てを遵守する義務を負います。なお、かかる告知またはその他の規約等が本規約に相反しまたは矛盾する内容がある場合、本規約の規定を優先して適用するものとします。

3.当社は本規約に基づきメールアドレスを登録された方に対し、対象サービスを提供するための会員サイト「Room1048(ルームトウシバ)」を円滑に運営するものとします。

第2条(定義)

本規約における用語を、以下のとおり定義します。

1.「メールアドレス」とは、お客様が登録するご自身の持つ任意のメールアドレスで、お客様が対象サービスを受けるための個人認証に必要なものをいいます。

2.「本パスワード」とは、お客様ご自身が設定され、お客様が対象サービスを受けるために、メールアドレスと共にお客様の個人認証に利用するパスワードをいいます。

3.「メールアドレス等」とは、お客様が登録したメールアドレス及び本パスワードを併せたものをいいます。

4.「お客様」とは、当社が定める手続きに従って対象サービスの利用申し込みを行い、かかる申し込みを当社が承諾した個人をいうものとします。

5.「登録情報」とは、対象サービスを利用するためにお客様から当社に対してご提供いただく、氏名、住所、電話番号、メールアドレス及びその他特定の個人を識別することができる個人情報をいいます。

6.「履歴情報」とは、当社に記録されるお客様の対象サービスの利用履歴をいいます。

7.「対象サービス」とは、情報提供サービス、製品の販売及びアフターサービス、代金決済サービスその他当社がお客様に提供する顧客サービスをいいます。

第3条(ご登録)

1.対象サービスのご利用希望者は、本規約の内容にご同意のうえ、当社が別途定める手続きによってメールアドレス、並びにパスワードをご自身で登録、設定を行うものとします。

2.対象サービスのご登録希望者は、当社指定の申し込み方法により、ホームページ上の指定フォーマットに必要事項を入力し、ご登録の申し込み手続きを完了した時点で、本規約の内容に同意したものとみなします。なお、ご登録希望者が16歳未満の場合は、あらかじめ保護者の同意を得た上で、必要事項を入力するものとします。

3.当社は、以下の場合、メールアドレスの登録を承諾しないことがあります。なお、不承諾の場合、当社はその理由を登録希望者に開示する義務を負わないものとします。

  1. 申し込み内容に虚偽の内容が含まれていた場合。
  2. メールアドレス登録申し込みを承諾することが不適切であると当社が判断した場合。
  3. その他当社がメールアドレス及び対象サービスの運営に支障をきたすと判断する行為、その他不適切であると判断する行為をサービスご利用希望者がしたとき。
  4. サービスご利用希望者が当社の求めに応じて登録情報を提供しない、パスワードの設定をしない等、当社の定める手続きに従っていただけない場合。
  5. 上記各号に関して、当社がそのおそれありと判断または推測した場合。
第4条(メールアドレス等のご利用・管理)

1.お客様は、本規約及び当社が随時通知または当社のホームページ上に掲示する内容に基づいて対象サービスを利用するものとします。この場合、第1条(2)が適用されるものとします。

2.お客様は、自己のメールアドレス等の第三者への漏洩、開示があった場合には、第三者がお客様になりすましてメールアドレス等や対象サービスを使用する危険性があることを理解した上で、自己の責任において、メールアドレス等を厳重に管理・保管するものとします。お客様によるメールアドレス等の不十分な管理や使用上の過誤、もしくは第三者によるお客様のメールアドレス等の使用等によるお客様の損害、並びにこれに伴う第三者の損害、第三者とお客様の間のトラブル等について、当社は一切責任を負わないものとします。

3.お客様のメールアドレス等が第三者への漏洩、開示があった場合、またはメールアドレス等が第三者に使用されていることが判明、あるいはそのおそれが生じた場合は、ただちに当社にその旨をご連絡いただくとともに、当社からの要請がある場合にはこれに従うものとします。

第5条(対象サービスのご利用の終了)

1.お客様は、お客様が希望する場合、当社が別途定める手続きに基づいて対象サービスのご利用を終了することができるものとします。

2.お客様が本規約に違反し、メールアドレス等をご登録された場合または対象サービスをご利用された場合、長期間に渡って対象サービスを利用されなかった場合、お客様への通知・ご連絡が困難な状態になる場合、第6条に定める禁止事項を行った場合、その他公序良俗に反する行為等、対象サービスのご利用を停止すべき合理的な理由があると当社が判断した場合、当社は事前に通知することなく、ただちに当該のお客様の対象サービスのご利用資格を失効させることができるものとします。

3.本条の定めに従い、お客様の対象サービスのご利用が終了し、またはご利用資格が失効した場合、当社は当該お客様の登録情報を含む対象サービスに係る一切の情報を当社のデータベース上から削除することができるものとします。ただし、当社が別途定める手続きに従いお客様がご自身の登録情報の削除を要求しない限り、当社は、かかる情報を当社のデータベース上から削除する義務を負わないものとします。

第6条(禁止事項)

お客様は、対象サービスのご利用に際して、以下の行為を行わないものとします。

1.事実に反する情報を提供する行為。

2.第三者または当社の著作権、肖像権、プライバシーその他の権利もしくは財産、名誉、信用を侵害・毀損する行為。

3.犯罪的行為またはそのおそれのある行為。

4.その他、法令または公序良俗に反する行為。

5.対象サービスの業務を妨害する行為。

6.有害なコンピュータプログラムを本サービスに関連して使用、提供等をする行為。

7.第三者になりすまして前各号に定める行為を行う行為。

8.前各号に該当するおそれがあると当社が判断する行為。

9.その他、当社が不適切と判断する行為。

第7条(登録情報・履歴の取り扱い)

1.お客様は、当社がメールアドレスの登録及び対象サービスを通じて、お客様の個人情報の収集を行い、株式会社東芝、当社を含む東芝グループ会社、東芝ライフスタイル株式会社及び東芝コンシューママーケティング株式会社が取り扱う商品、サービスに関する業務のために利用すること、あるいは東芝グループ会社間で本条第4項に定める制限のもとで提供することにあらかじめ了解するものとします。

2.お客様は、株式会社東芝、当社を含む東芝グループ会社、東芝ライフスタイル株式会社及び東芝コンシューママーケティング株式会社が取り扱う商品、サービスに関して当社が重要と判断した情報について、当社が郵便または電子メール、その他の方法によりお客様に提供することをあらかじめ了解するものとします。

3.当社は、登録情報及び履歴情報を、当社が必要と判断する期間、厳重な管理体制のもとで保持し、個人情報保護法及びその他関係法令、並びに当社個人情報保護方針に則って第三者が登録情報に不正、不当に触れることがないように、合理的な範囲でセキュリティの強化に努めるものとします。

4.お客様は、登録情報及び対象サービスを通じて当社が知り得たお客様の個人情報を、当社が以下の各号に定める場合にのみ必要最小限の範囲内で第三者に開示することがあることにご同意いただくものとします。

  1. お客様が自ら自己の氏名、住所等その他の個人情報を第三者に開示し、あるいは開示に同意しているとき。
  2. 収集した個人情報をもとに行う、マーケティング調査等、会員個人が特定できない方法、形式によって第三者に開示、提供するとき。
  3. 法令の規定に基づいて、裁判所、警察その他の国家機関またはこれに類する機関から会員の情報の開示を求められたとき。
  4. 当社及び当社グループ会社あるいは第三者の生命、健康、財産等を保護するために必要であると当社が合理的に判断したとき。
  5. その他、対象サービスの運営に必要なとき。

5.お客様が、登録情報の全部または一部の照会、変更あるいは削除を希望する場合には、当社がホームページ上で別途定める方法に従って行っていただくものとします。

6.登録情報に変更が生じた場合、お客様は、当社がホームページ上で別途定める方法に従って、すみやかに当社に対してかかる変更を届け出ていただくものとします。なお、お客様は、かかる登録情報の変更の届出が遅れた場合、第9条に定める当社からのお知らせの全部あるいは一部のご提供が不可能となる場合があることをご了解いただくものとします。

第8条(対象サービス)

1.当社は、お客様が対象サービスでご利用できる対象サービスの種類、内容を、当社のホームページまたは電子メールでお知らせするものとします。

2.当社が対象サービスを終了する際、当社は、当社が適当と判断する方法で事前にお客様にその旨を通知するものとします。

第9条(お客様へのお知らせ)

対象サービスに関する当社からお客様へのお知らせは、原則として、当社のホームページまたは電子メールにより行うものとし、登録情報に含まれる住所または電話番号を利用したお知らせは、合理的な場合のみ補助的に行うものとします。電子メールで行う場合は、お客様が登録されたメールアドレスへの送信をもってお客様に告知されるものとします。

第10条(著作権)

対象サービスのホームページの画面に掲載する情報、デザイン等に関する著作権または商標権その他の知的財産権は、すべて当社またはその他の著作権者等正当な権利者に帰属するものとします。

第11条(商品等の広告)

1.株式会社東芝、当社を含む東芝グループ会社、東芝ライフスタイル株式会社及び東芝コンシューママーケティング株式会社以外の商品等の広告に関しては、当該商品等を取り扱う販売会社や提供会社から提供された資料に基づき作成されたものであり、当該商品等の広告記載の内容に関して、当社を含む東芝グループ会社は何らの責任も負わないものとします。

2.当社は、広告主からお預かりした情報を電子メールやホームページでの記載等の伝達手段により、お客様に対して配信することができるものとします。

第12条(免責)

1.当社は、お客様が対象サービス及びそれに付随するサービスをご利用することによって発生した、または対象サービスをご利用になれなかったことによって発生した、一切の損害、損失、不利益等に対し、いかなる責任をも負わないものとします。

2.対象サービスの利用に関連して、お客様が他のお客様または第三者に損害を与え、またはこれらの者との間で紛争が生じた場合には、自己の責任と費用によって解決するものとし、当社に一切の迷惑または損害を与えないものとします。

3.対象サービスの利用に関連して、お客様が当社に損害を与えた場合は、これがいかなる事由によるものであっても、当社に合理的範囲内で損害賠償を支払うものとします。

4.当社は理由の如何を問わず、対象サービスのすべてを終了することができるものとします。

第13条(本規約の適用及び変更)

当社は、当社が適当と判断する方法で、お客様に対して本規約を変更する旨及びその変更内容をお知らせすることにより、本規約を変更できるものとします。ただし、本規約の変更内容の詳細については、当社のホームページにおける掲示または電子メールにより、お客様へのお知らせに代えることができるものとします。かかるお知らせの後にお客様が対象サービスを利用された場合、かかる変更はお客様の同意があったものとみなされます。

第14条(暴力団等の排除)

1.お客様は、現在または将来にわたって次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、または確約するものとします。

  1. 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準じる者(以下あわせて『反社会的勢力』という)であること。
  2. 反社会的勢力が、実質的に経営を支配しまたは経営に関与していること。
  3. 反社会的勢力を利用していること。
  4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていること。
  5. 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していること。
  6. 自らまたは第三者を利用して、当社または当社の関係者に対し、詐術、暴力的行為、脅迫的言辞を用いる行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、当社の信用を毀損しまたは当社の業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行うこと。

2.お客様が前項の表明または確約のいずれかに違反するおそれがあると当社が合理的に判断した場合、当社は催告その他の手続きを要しないで、契約の解除その他当社が必要と判断する対応をとることができます。

3.前項によりお客様に損害が生じた場合であっても、当社は一切これを賠償しないものとします。他方、契約解除により当社に損害が生じたときは、お客様はその損害を賠償するものとします。

第15条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。

第16条(協議解決の原則及び管轄裁判所)

1.本規約に定めのない事項または本規約に関する疑義が生じた場合は、お客様と当社との間で誠意をもって協議解決するものとします。

2.協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。